与論島に移住したナビィさんちの日記


貝を拾って組み合わせて

  1. 2018/05/29(火) 17:37:14_
  2. ■与論島の生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
与論島のコミュニティスペース「シマノマ」で、貝細工つくりをやると聞いて、行ってきました!

貝など必要なものは用意してくれるとのことでしたが、やっぱり自分で拾ったもので何か作りたいな…と思って、
週末つむと海へ。


最近のつむのお気に入りはウドヌスです。


しばしつむの探検にもお付き合い。




そうして拾ってきた、サンゴや貝、シーグラス。
小さな貝がかわいい…!

これを持って、シマノマへ。

貝の名前を教えてもらったりしました。
貝の種類の豊富さにびっくり。
浜によって、また季節などによって拾える貝が違うそうです。

なんでこんな模様になるんだろう?
こんなにちっちゃいのに、ちゃんと貝の形してる…!

今まで海遊びのついでに、きれいな貝を見つけるとひろったりしていましたが、
改めて色んな発見が。
これは今度貝ひろいを目的に行かねば…!

ポスカできれいに色付けされた砂も使って、できました!

なんとなくイイ感じ?(笑)

とっても手軽にできるので、今度つむと一緒にやりたいな(๑´艸`)

スポンサーサイト

浜下りの日にリーフで潮干狩りをした話

  1. 2018/04/30(月) 17:07:46_
  2. ■与論島の生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
旧暦3月3日。
今年は4月18日が浜下りでした。
(浜下りのお祝いの様子はこちら(みちの時の)→☆☆☆

今年は、初めてみんなで船でリーフに渡りました(^^)
気温は低くないものの、風があったので、ウィンドブレーカーを。
足元は念の為マリンシューズです。
船の乗り降りで脱げちゃったりすると大変だし、足元悪いところもあるので。


私は2回目だったのですが、
本当にこの浜下りの日のリーフの光景は圧巻です。

島を囲むようにリーフが出ていて、
遠く向こうまで、人がいるのがわかるんです。

みちはマリンシューズなくて、スニーカーをはかせていたからか、
最初はぬれないようにしている感じでした。
でもぬれても何も言われないし、私もじゃぼじゃぼ入っているので、だんだん大胆になってきました(笑)


温泉のようにつかっております…!


ハリセンボンがいましたよ…!
怒らせたらぷくっとなって針が出てくる…?
なので、触らず。

みっちはあれこれ気になって、動き回っていたので、全然潮干狩りにならず(^_^;)
主人とつむペアは、最後に魚をゲット!


浜に戻ると、魚をさばいたり、魚を焼いたり…
着々と夜の部の準備が進んでいました。



浜でもうひとしきり遊んでから帰りました。




この日は海開きでもあります。
今年はたくさん海で遊ぶぞー!


お魚に興味津々…?


ユンヌ楽園に行ってみた

  1. 2018/04/28(土) 15:41:37_
  2. ■与論島の生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
春休みの話。
与論に来た当初から、
主人が『つむが好きだと思う』と言っていた場所。

ユンヌ楽園。

大人400円・子ども200円です。


大きいがじゅまるがお出迎え。

たくさんの花や植物。
それよりつむみちは、なんだか迷路のような通路に大興奮でした(笑)



途中から走り回るみっち。
何周しただろうか…(^_^;)

主人の子供の頃とは、ちょっと変わっていたようですが、
良いお天気の中、つむみちは楽しめたようです(^^)
お花が好きなつむは時折見ていたけど、つむもおいかけっこの方に夢中でした(笑)



母としては、ゆっくり眺めながら歩きたかったです(笑)








与論島の郷土料理を学んできた

  1. 2018/03/31(土) 19:54:18_
  2. ■与論島の生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もう2週間も前になりますが…
JA女性部主催のお料理教室に参加してきました!

テーマは念願の島料理!

ぷちむっちゃー(よもぎ餅)
うぶしむっちゃー(ふくれ菓子)
みしじまい(炊き込みご飯)
この3つを教わりました(^^)

こちら、ぷちむっちゃー。

作り方は難しくはないのですが、
よもぎをつんだり、月桃の葉を取ってきて湯通ししたり…
なかなか手間がかかります。
月桃の香りの中、葉でむっちゃーを包んで、蒸しました。

みしじまい。

炊き込みご飯というと、鶏のイメージだったのですが、
与論は豚です。
沖縄と一緒ですね。
じゅーしー。

鍋で炊きました。
炊き上がった後、ニラを混ぜ入れるのが特徴です。
ニラ。
最初びっくりしたけれど、くせになる味。

そして蒸しパンのような、うぶしむっちゃー。
混ぜて蒸すだけなので、わりと簡単。
そして蒸し上がりが、やたらかわいい。

写真では伝わりにくいけど、丸くておいしそうでかわいかった(๑´艸`)


島の料理は、なかなか教わる機会がないので、勉強になりました!

そして女性たちが集まって、料理をしているとですね…
気が利く人、手際がいい人、ちゃっちゃか片付けていく人…色んな人がいて、
その動きが素晴らしいです。
本当に島の女性は働き者…!
そんなところも勉強になりましたm(_ _)m
私も精進せねば…!






ずっと行ってみたかった場所~ハミゴー

  1. 2018/03/17(土) 22:48:00_
  2. ■与論島の生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
初めて知ったきっかけは忘れてしまいましたが…
与論島には『ハミゴー』と呼ばれる場所があります。
テレビ取材も入ったことがあります。

でも行ってみたいけど、場所がはっきりわからない…


こちらのブログでも紹介されています。46n
改めて行ったことある人とじゃないと、怖いなと感じました。

そんな時に、ハミゴーに詳しい人と話す機会があり、
夫と2人で案内してほしいとお願いしたら、快諾。
その直後、友人来島でノープランだと言うので、早速案内をお願いしました…!


わかっちゃいたけれど、すごいところです(;´∀`)
気分はまさに『探検隊』。


ここの穴に入っていくんです。

抜ければそこは…‼

ここが噂のハミゴー\(^o^)/


もうなんか「すごい」ばっかり言ってました。
語彙力(笑)

ハミゴーアシビや、昔の話も色々教えていただきました!

なんともすごい景色でした。

また違う時間帯にも行ってみたいです…が、1人では怖いので、誰か一緒に行きましょう(笑)


ハミゴーの後は、付近を案内してもらいました。

友人は『ブラタモリみたい!』と、何度も言っていました(๑´艸`)

これまた初めて見る風葬跡だったり。
くまのプーさんだったり。

(プーさんの鼻先を触っている風)


まだまだ与論には知らないことがいっぱいだ!と、改めて感じました(^^)
まだまだ与論生活4年目だもんなぁ…

案内してくださったHさん、ありがとうございました☆


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

やすこ

Author:やすこ
長野県出身、鹿児島県奄美諸島最南端の与論島在住やすこです。

平成26年11月に家族4人で大阪から与論島に引越し。
与論島出身、夫ナビィ。
娘つむ、平成24年1月生まれ。
息子みち、平成26年5月生まれ。
南の小さな島で、子育てに仕事に遊びに奮闘中!

離島に住むママのための情報コミュニティサイト「りとママ」運営
http://ritomama.net/

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

Designed by U-BOX

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

リンク

このブログをリンクに追加する

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示


FC2Ad

▲PAGETOP